神戸ルミナスクリニック

  1. HOME >
  2. 肌 >
  3. シミ

シミ治療

気にする方がとても多いお肌のシミは、生まれたときからあるものや後天的にできたものなど数種類の症状に分けることができます。シミが消える、薄くなるというフレーズや口コミに魅かれ高価な美白化粧品を使っていたとしても、種類と原因を明らかにして正しいケアや適切な治療をしなければ手ごわいシミはなかなか消えてくれません。また、シミと皮膚がんの初期症状は簡単に見分けがつきませんので、シミの治療はまず最初に皮膚科専門医の診察を受けることが大切です。

シミの種類と原因

老人性色素斑(日光性色素斑)

30~40代以降に紫外線の当たる部位にでき、正常な皮膚との境目がはっきり分かるシミです。黒ずんだ茶色(褐色)をしていて、紫外線が良く当たる顔、腕、手などに多くできます。 日光性色素斑とあるように、紫外線を浴びて作りだされたメラニン色素が原因である場合がほとんどです。また、加齢も原因のひとつと考えられており、予防するためには早い年代からの紫外線対策が必要です。

そばかす

中年以降に出現する老人性色素斑とは対照的に、幼児期から思春期にかけて出現する黒ずんだ小さな斑点がそばかすです。まぶたの下の頬や鼻の周りに多く、遺伝や先天性によるものと考えられています。30歳を過ぎると徐々に消えていきますが、そのまま残ってしまう場合もあります。紫外線に当たると症状が悪化してしまうので、季節を問わず年間を通した紫外線対策やお肌に合った化粧品選びが大切です。

あざ・色素沈着

にきびや湿疹、すり傷など炎症が起こったり傷が治ったりした後に、皮膚の表面が褐色になったままシミのように残る場合があります。時間の経過とともに薄くなっていきますが、慢性的になってしまうとシミとして色素が沈着してしまうので、消したい場合は治療を行う必要があります。

口唇の色素斑

20代以降の女性に多く見られ、主に下唇に出現する色素斑です。有色人種である日本人のお肌は生理的にメラニンが沈着しやすい傾向があり、唇にも起こる場合があります。乾燥や肌(唇)荒れ、アトピー性皮膚炎を伴うことも多く、治療する場合は患部に直接レーザーをあてることで取り除くことができます。

太田母斑

太田母斑は額や目の周り・頬などに見られ、出生後1年以内に発症することの多い皮膚深部のシミです。生まれてすぐではなく20代以降に発症する例も報告されており、顔の片側だけに青みがかった褐色のシミができるのが特徴です。太田母斑と診断されると健康保険が適応される場合がありますが、美容目的の場合は保険適応外となります。赤ちゃんの場合は生後5~6ヶ月以上であれば治療を受け付けておりますのでお早目にご相談ください。

肝斑

肝斑はシミの中でも特殊な症状で、顔の中央線に鏡をあてたかのように左右ほぼ対称的に同じ大きさや形のシミができます。30~40代の女性に多く見られ、男性に肝斑の症状が出ることはごく稀です。皮膚(表皮)の最も下にある基底層に作られたメラニン色素が紫外線によって増大し沈着したシミのため、肝斑にはレーザー治療は適さないとされてきましたが近年では効果のあるレーザー治療が可能となっています。

神戸ルミナスクリニックのシミ治療の特徴

各種レーザー治療は患者様のシミの種類・肌質等を踏まえて最適な方法をご提案しております。

薄いしみ、くすみも改善!そばかす、赤ら顔改善にもオススメです。

老人性色素斑、そばかす、くすみ、赤ら顔、毛穴、たるみでお悩みの方に

Eライトは痛みや火傷の心配がなく、複数の症状があっても安全にシミ対策ができる治療機器です。1998年に開発されたIPLと呼ばれる光エネルギーでシミを治す「フォトフェイシャル」、高周波エネルギーを加えた改良型の「フォトRF」は皮膚の深い部分の濃いシミに効果を発揮する画期的なシミ治療でした。Eライトはさらに進化した光エネルギー(赤外線)と高周波を加えることによって、薄いシミや赤ら顔にも対応できるようになっています。ヘッドと呼ばれる照射器を使い分けることでどのシミにも対応でき、お肌をトータルに改善していきます。

しみ・くすみのない自然で若々しいお肌に。

老人性色素斑、そばかす、色素沈着、ニキビ跡、くすみ、小じわ、毛穴、たるみでお悩みの方に

フラクセルⅡはシミの改善だけでなく肌トラブルを抱える皮膚ごと入れ替え、新しい皮膚への再生を促す治療法です。皮膚の奥深くまでレーザーを当てることで、熱によってできた小さな傷が皮膚の新陳代謝を活発にさせます。お肌のターンオーバーが促進しシミができてしまった細胞を外に押し出し、レーザーの刺激で大量に作られたコラーゲンによってお肌のぷるぷる感を取り戻すことができるのです。 日本で2005年3月に導入されて以降、改良を重ねることで治療効果もアップしダウンタイムも大幅に減っています。

浅いしみなら1回の治療でOK! ※個人差があります

老人性色素斑、そばかす、太田母斑、口唇の色素斑、あざ、色素沈着でお悩みの方に

シミ取りに効果的なルビーレーザーは694nmという波長のため周辺組織を傷めることはほぼありません。浅い皮膚組織にできているシミや小さなホクロであれば1回の照射で済む場合もあります。深い部位にあるシミやあざは3~5回の照射となり、1回ごとに2~3ヶ月間隔を空ける必要があります。

深いしみ治療に。しみを根本から消すことができます。

あざ、肝斑、ほくろの除去、しみでお悩みの方に

1064nmの波長をもつQ-YAGレーザーはルビーレーザーに比べ皮膚の奥深くまで届きます。シミの原因であるメラミン色素はレーザーによって破壊されて消滅しますので、お肌の根本的な部分から改善することができ、今まで不可能と言われた肝斑へのレーザー治療が可能になりました。

神戸ルミナスクリニックだからこそできるシミ治療

神戸ルミナスクリニックではカウンセリングを重視したシミ治療を行っております。まずはシミの状態を正しく診断し、原因を突き止めるために可能な限り患者様の生活スタイルやお肌のケア方法など詳しくお話を聞かせていただいております。
お肌の体質は持って生まれた先天的な部分と、生活習慣やストレスの受け具合など後天的な部分によって決まります。レーザー治療をしてシミが改善されたとしても、その後の生活が不規則であったり紫外線対策を怠ったりすると治療効果も半減して再発してしまいますので、神戸ルミナスクリニックでは治療後のアフターケアも含めて治療法をご説明してまいります。
輝く素肌のためにスキンケア商品を開発するほど熱意を持つ院長とスタッフが、最適な治療で肌トラブルを改善しシミのない美肌へと導きます。

シミ治療Q&A

シミを取りたいのですが、顔ということもありレーザーの痛みが気になります。本当に痛くないのですか?
ご質問ありがとうございます。レーザーに関してですが、痛みの軽減のために麻酔(塗り薬)を塗布することも可能ですのでご安心ください。その際はご予約時間よりも1時間早めにお越しいただきます。また、あざや太田母斑等でお悩みの赤ちゃんや幼児については基本的に麻酔(塗り薬)を用いての施術となります。万が一痛みが出た場合でも照射後のクールダウン(冷却)をしっかり行い、医療機関として責任を持って対処いたしますので気になる方はどうぞ遠慮なくスタッフにお申し出ください。
シミが気になって仕方ないのでクリニックでの治療を考えていますが、ホームページを検索してレーザーや治療の説明を読んでも正直よくわからず、結局料金の安さに魅かれてしまいます。美容クリニック選びの基準を教えていただきたいです。
ご質問ありがとうございます。シミに関して言うと、今ではどの美容系クリニックでもレーザーや光エネルギーの機器をメインに治療可能かと思います。神戸ルミナスクリニックでもEライト、フラクセルⅡ、ルビーレーザー、Q‐YAGレーザーを組み合わせたシミ治療をご提案しております。
「料金の安さに魅かれてしまう」という心境もわかります。より良い治療を安く受けたいと思うことは当然なことです。では、何を基準にするか。人それぞれ考え方はあるかと思いますが、やはり実際にクリニックに行ってカウンセリングを受け、ご自分の目と感覚で確かめることが必要だと思います。当院ではカウンセリングのみの受付も可能です。ホームページ上ではメリット重視でお伝えしておりますが、どんなに良い治療法でも患者様の肌質に合わないという場合もございます。大事なことは、「その治療方法が患者様のお肌やシミの症状に合っているかどうか」です。治療法が進化しているとはいえ、レーザーや光エネルギーの照射は使い方を一歩間違うと火傷や症状の悪化につながります。信頼のおける医師と出会うためにも、まずはカウンセリングを受けることをお勧めします。
神戸ルミナスクリニックのシミ治療は、患者様のお肌を適切に診断することから始まります。症状の原因をつきとめ、治療法や料金などを説明してご納得いただいた上で治療を開始します。気になって仕方ないシミのお悩みは神戸ルミナスクリニックで一緒に解決していきましょう。カウンセリングのみでも喜んでお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

クリニックへのお問い合わせ

お気軽にご相談下さい。

完全予約制

受付時間  11:00~19:00

受付時間 24時間受信